家庭用ビールサーバーと部品の販売を手がける

ビールサーバードットコム

http://www.beer-server.com/

 

背負うビールサーバーと氷冷式ビールサーバーを全国にお届けする

ビールサーブドットコム

http://www.beer-server.com/rental/

 

 

★使用上の注意★

-----------------------------------------------------------------------------------

※生ビールサーバーをご購入する前に※

【生ビールサーバーの使用又は保管はご購入になるお客様の管理の下、自己責任にてご使用くださいますことお約束していただきます。】
【使用、又は保管中の事故及び怪我などに付きましては当店は一切責任を負えませんことお伝えさせていただきます。】

 

■ミニガス

minigus.jpg (33126 バイト)ミニガスボンベには高圧ガスが入ってますの以下の事に気を付けご使用ください。

@火気、直射日光を避け、ボンベの温度が35度を超えないようにお願い致します。
二酸化炭素なので引火することはありませんが、周囲の温度が上がり、ボンベの温度が35度を超えますと破裂の恐れがあります。

A万が一破裂しそうな環境に置かれた場合。
万が一、車の中など高温になる場所に置いてしまった場合には、ボンベ自体の破裂を防ぐ為に安全装置が作動します。
安全装置が作動しますと、中のガスがなくなるまで、噴出しつづけます。

B安全装置が作動した場合。
※噴出し始めたら止めることは不可能です。素手で触ると火傷をいたしますので軍手など手袋かタオルなどで包んで移動してください。
その後噴出が終わるまで地面や水の中などに置いて
ガスが出尽くすのをお待ちください。
※噴出する
音に驚かない
※決して慌てない。
※窓を開けて、
換気を十分に行なう。
(炭酸ガスは空気より重いことを覚えて置いてください。)
※ガスコンロ等火気を止める。
※噴出し終わるとボンベが
凍結しますので触らないようにしてください。
 (液化炭酸ガスが固形になると、ドライアイスとなります。)

C減圧弁からミニガスを外す場合
ミニガスを減圧弁から外す場合ボンベの中にガスが残っている場合が多いため素手でミニガスを取り外すのはお止めください
外す時は上記Bに従いタオルまたは軍手等で手を覆い取り外してください。

D使用後は不燃物として処分してください。

トップ
サーバーあれこれ
使い方

使用上の注意

ガスボンベ
たる

商品一覧
メンテナンス
各部名称
使用可能樽一覧
サーバー

リンク 
掲示板
掲示板過去ログ
疑問  
裏技
マイサーバーの不満と満足
我が家のサーバー
のぼり
体験
ランキング
サーバー元年から今・・・Back To 2000→

 

 

 

 

■ガスボンベ

ガスボンベには高圧ガスが入ってますの以下の事に気を付けご使用ください。

@必ず立ててご使用下さい。
横にして使うと、液化炭酸ガスが、減圧弁に流れ込み故障の原因となります。
A
換気のよいところに鎖などでつないでしっかりと固定してください。
重量物のため、倒れると大怪我をする可能性があります。
B
火気、直射日光を避け、ボンベの温度が35度を超えないようにお願い致します。
二酸化炭素なので引火することはありませんが、周囲の温度が上がり、ボンベの温度が35度を超えますと破裂の恐れがあります。
C万が一破裂しそうな環境に置かれた場合。
万が一、車の中など高温になる場所に置いてしまった場合には、ボンベ自体の破裂を防ぐ為に安全装置が作動します。
安全装置が作動しますと、中のガスがなくなるまで、噴出しつづけます。
D安全装置が作動した場合。
※噴出し始めたら止めることは不可能です。止めようとしないで下さい。
※噴出す
音に驚かない
※決して慌てない。
※窓を開けて、
換気を十分に行なう。
(炭酸ガスは空気より重いことを覚えて置いてください。)
※ガスコンロ等火気を止める。
※噴出し終わるとボンベが
凍結しますので触らないようにしてください。
 (液化炭酸ガスが固形になると、ドライアイスとなります。)ー

安全弁です。写真左。
(お手持ちのボンベで確認してください。この3箇所の穴からガスが噴出します。穴が3箇所あるのは噴出した時に勢いでガスが倒れない為の工夫です。)

■以上のことを踏まえた上で、いざという時の為に、ボンベをご購入の方はテストをしてみてください。

※まず表にガスを持ち出してください。(室内では絶対にやらないように。)
※周りに階段、落下物、火気のないところでお願いいたします。
※片手でガスの取っ手を持ち倒れないように抑えてください。
※以上のことを確認したら、
一秒だけコックを開けてみましょう。
※勢いよくガスが出たことを確認し閉めて下さい。ガスの勢いを確認できれば結構です。

 

■生樽

※樽の口の部分は絶対にこじあけたりしないで下さい。

 通常の取り扱いでは、樽の口金の部分ははずれることはありませんが、故意に興味本位で空けたりしますと、中に溜まったガスにより、スピアバルブが勢いよく飛び出します。
天井や、額に穴を空けることになりますので、いかなる場合でも外さないようお願いいたします。

 

-----------------------------------------------------------------------------------